口蹄疫治療薬開発へ 富山化学工業
2年後をめどに承認申請

2010/6/12付
保存
共有
印刷
その他

富士フイルムホールディングス子会社の富山化学工業は、家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)の治療薬の開発に乗り出す。ウイルスの増殖を防ぐ効果を持つ新薬候補の化合物は開発済み。宮崎県での感染拡大を受け、近く本格的な動物実験を開始する。農林水産省に2年後をめどに承認申請し、早ければ3年後に承認を得たい考えだ。

富山化学が開発済みの化合物は「T-1105」(物質名)で、同社が臨床試験を進めているインフルエ…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]