有機EL、九大が低コスト発光新材料 オール日本で巻き返し

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2013/1/14 7:00
保存
共有
印刷
その他

九州大学の最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)は2012年12月、低消費電力で超薄型のパネルができる有機EL用の第3世代の発光新材料を開発したと発表した。発光を効率化する分子を独自に設計し、電子を光にほぼ100%変換することに成功した。レアメタルのイリジウムなどを使わないので、材料コストを10分の1にできるとみている。日本は有機ELパネルでかつて世界の先頭集団にいたが、韓国のサ…

保存
共有
印刷
その他

電機各社など、有機ELテレビ技術の開発急ぐ

サムスンやLG、先端技術で先行 

電子版トップ



[PR]