/

この記事は会員限定です

ビック、買収で戦略多様化 郊外基盤のコジマ活用

[有料会員限定]

ビックカメラがコジマを買収し、家電量販2位に浮上する。都心への大型店展開で成長してきたビックだが、郊外を基盤とするコジマを取り込んで戦略を多様化する。ただ市場が縮小するなかで価格競争は激しく、引き続き店舗の飽和感も強い。規模拡大を持続的な成長につなげられるか、逆風下の経営力が試される。

東京・新宿の「新宿三越アルコット」、赤坂の「ベルビー赤坂」。ビックは今夏と来夏、都内の2つの専門店ビル跡への出店...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン