持ち運びやすいガンマ線撮像用カメラ 浜ホトと早大が製品化

2013/9/10付
保存
共有
印刷
その他

浜松ホトニクスと早稲田大学は10日、重さが1.9キロと従来品の4分の1程度で、持ち運びやすいガンマ線撮像用カメラを製品化したと発表した。ガンマ線を放出する放射性セシウムの分布を数分程度でパソコン上に画像化し、局所的に放射線量が高いホットスポットの特定などが容易になる。価格も1台1050万円と従来品の半額以下に抑えた。

主に数メートル先の放射性セシウムの強度を測定する際などに用いる。除染の効果を簡単に確認できるなど、除染作業の効率化につながる。除染が必要な福島県の自治体に11月15日からモニター用として貸し出し、2014年2月から発売する。

浜ホトと早大は放射線を可視光に変えるシンチレーターと独自の光半導体素子を組み合わせたガンマ線検出器を開発。冷却機構を省くことなどが可能になり、大幅に軽くできた。初年度10台、2年目で200台の販売を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]