/

東証、ネクソンの新規上場を承認 韓国系ネットゲーム大手

東京証券取引所は10日、韓国系オンラインゲーム大手のネクソンの新規上場を承認したと発表した。上場予定日は12月14日で、市場区分は今後決まる。上場時の株式時価総額は5800億円程度になるとみられる。資金調達額では、国内で今年最大の新規上場になりそうだ。

調達額は国内での公募で約450億円。海外分も含めれば1000億円程度になる可能性がある。国内外のゲーム開発会社への出資資金などに充当するようだ。

同社は韓国証券取引所なども誘致に動いていた。東証は交流サイト(SNS)運営大手のグリーなどネット関連銘柄の売買が活発なだけに、「東京市場なら資金調達に有利と考えたのでは」(外国証券)との見方もある。

パソコン向けのロールプレイングゲームを無料配信しており、利用者がゲームを有利に進めるためのアイテム課金収入が収益源。2011年12月期の連結売上高は前期比22%増の852億円、純利益は21%増の260億円を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン