/

マーベラス、ゲーム開発2社を10月に吸収合併

ゲームソフト中堅で東証2部上場のマーベラスエンターテイメントは10日、ゲームソフト開発のAQインタラクティブ、携帯電話向けゲームを手掛けるライブウェア(東京・新宿)を10月1日付で吸収合併すると発表した。マーベラスが持つ豊富なコンテンツを活用し、高機能携帯電話(スマートフォン)向けなどのゲーム開発につなげる。

新会社は「マーベラスAQL」。東証2部に上場しているAQインタは9月28日で上場廃止となる予定だ。同社の株式1株につきマーベラスの株式7株を割り当てる。

新会社の社長にはAQインタの許田周一社長が就き、会長にはマーベラスの中山晴喜社長が就任する。

マーベラスは家庭用ゲーム機向けにゲーム企画などを手掛けているが、開発は外注している。AQインタはゲームの受託開発が主体。家庭用ゲーム市場が低迷していることから、成長が見込めるスマートフォン向けゲームへの本格参入が早期の課題だった。携帯向けゲームを手掛けるライブウェアを取り込むことで、一貫した開発体制をつくる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン