2019年8月19日(月)

褐炭は世界の原料市場を変えるか
ガス化・化学合成で商業化めざす新日鉄エンジ

(2/2ページ)
2011/8/22 7:00
保存
共有
印刷
その他

地元に石炭ガス化複合発電(IGCC)プラントをつくり発電することも可能だ。エコプロは合成ガスの製造効率が従来の石炭ガス化炉より5%程度高いことなどから、CO2排出量を約10%抑制できる。CO2は豪州で分離・回収し、現地のCO2貯留プロジェクトに回す。日本に石炭を輸入して発電するのではなく、LNGや水素の燃料電池に変えるので、日本でのCO2の発生を大幅に減らせる。

発熱量の小さい褐炭と亜歴青炭は低品位炭と呼ばれる。これらが世界の石炭埋蔵量の約半分を占めている。中でも褐炭は石炭化度が低く発熱量が1キログラムあたり2500~4000キロカロリーと小さい。水分が30~60%と高いため輸送に適さず、乾燥すると自然発火しやすいので扱いが厄介だ。

このため褐炭の用途は、ドイツやオーストラリア、インドネシアなどの炭鉱近くの発電用にほぼ限定されてきた。世界市場ではほとんど流通せず、未利用資源とされる。

しかし、原子力発電が使えず、LNGの利用を日本が増やせば、発電コストが高くなるだけでなく、LNG価格の高騰につながる。一方、輸入に頼る石炭は可採年数が石油や天然ガスより長いメリットはあるが、中国などが輸入量を急増している。輸入国の日本は権益確保に失敗すれば、大きなエネルギー源を失う。

褐炭は欠点が多いが、長所もある。発電に使われる歴青炭などより揮発分が多くガス化に向くのだ。特に生成ガスにメタンを多く含み、SNG製造に適しているという。水野部長は「褐炭からSNG、そして液化して日本に持ってくれば、天然ガスの輸入ソースを拡大できる。そのためにも褐炭の権益を押さえることが大事」という。

利用が進んでいない褐炭の新たな活用技術を産炭地に提供し、現地でガス化して合成。石炭の直接的な輸入から、一歩進んだ形でエネルギー源を確保する。

石炭エネルギーセンターの技術開発委員長を務める持田勲九州大特任教授は、「技術や設備を売ったり、発電計画に参加したりすることも重要だが、今後は日本主導で褐炭などの資源を加工して日本に持ってくる形がより重要になる」と指摘する。仮に褐炭の価格が上がっても、ガス化して化学合成する形なら、利益を地元と分け合う体制を取りやすい。

褐炭の利用・研究はIHI神戸製鋼所三菱重工業なども、アジアやオーストラリアで様々なアプローチで取り組んでいる。褐炭資源国のドイツでも利用の歴史は古い。

東京電力福島第1原子力発電所の事故に端を発した、世界的な脱原発の流れで、LNGに続き、石炭、さらに褐炭資源の争奪戦が今後起こる可能性は高い。「すでにインドネシアの褐炭確保に動き出した国がある」との声もある。

どの企業、どの国が未利用資源・褐炭をより効率的に利用するビジネスモデルをいち早くつくり上げるか。あと数年で結果が出るだろう。その結果次第で世界の原料市場も大きく変わってくる。

(産業部 三浦義和)

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

関連記事

日経産業新聞のお申し込みはこちら

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。