割安携帯、年内に100社超 利用料2~3割安く
ベンチャーや家電量販など相次ぎ参入

(1/2ページ)
2011/8/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTTドコモなどから回線を借り、大手より2~3割程度安い利用料金を売り物にする割安携帯電話会社が急増している。ドコモなどが1月以降に回線貸与料金を引き下げたため新規参入に弾みがつき、年内にも100社を超える。米欧では割安携帯電話利用が全体の10%を超える国もあるが日本は3%にとどまる。ベンチャー企業や家電量販店など異業種からの参入が増えれば、国際的に割高な日本の携帯電話料金の引き下げにつながる。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]