/

この記事は会員限定です

いすゞ、中印に新工場 ピックアップトラック増産

300億円超投資

[有料会員限定]

いすゞ自動車は中国とインドにピックアップトラックの新工場を建設する。300億円以上を投じ2015年をめどにピックアップ全体の年産能力を現行に比べ5割多い60万台に引き上げる。中国など新興国では足元の自動車需要が伸び悩んでいるが、用途が広いピックアップは景気の影響を受けにくい。いすゞは中長期的に需要増大が続くと判断、能力増強に踏み切る。

いすゞはこのほどインド・チェンナイ近郊に年産10万台の新工場の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り591文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン