ドトールが大型化で攻勢 新店の半数、面積2倍

2012/2/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コーヒーチェーン大手のドトールコーヒーが店の大型化などの店舗改革に乗り出す。主力の「ドトールコーヒー」の新店の半数は店舗面積を従来平均の2倍とし、うち3割は内外装を白に統一した女性向けの新型店にする。ファストフードなど外食各社もカフェ市場に攻勢をかけており、1店当たりの収益を高める戦略で再成長を目指す。

大型店は都市部の駅前などの繁華街に出店する。面積は170平方メートルで席数は90程度。立地に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]