2019年1月19日(土)

VHS録再機の国内向け生産終了 パナソニック
35年の歴史に幕

2012/2/10付
保存
共有
印刷
その他

日本ビクターが1976年10月に発売したVHSビデオデッキ「HR3300」

日本ビクターが1976年10月に発売したVHSビデオデッキ「HR3300」

パナソニックは10日、VHS方式の家庭用ビデオレコーダー(録画再生機)の国内向け生産を昨年末で終了したことを明らかにした。ソフトを持っている人に配慮して少量生産を続けてきたが、DVDブルーレイ・ディスク(BD)にほぼ切り替わったと判断した。かつての同社の稼ぎ頭が、発売から約35年で姿を消す。

VHS方式のビデオレコーダーは当時の松下電器産業子会社だった日本ビクター(現・JVCケンウッド)が開発し、1976年に発売。その翌年、親会社の松下も続いた。ソニーのベータ方式との規格争いを制して世界的なヒットとなり、長年にわたり松下の収益を支えた。最盛期の松下の販売台数は年100万台以上に達していた。

だが1990年代後半にDVDが登場。さらに放送のデジタル化やBDの普及などで、VHSの市場は急速に縮小。パナソニックは中国・大連などで生産を続けていた。昨年末、一部海外向け製品を除き生産を停止。在庫がなくなり次第、国内での販売は終了する見通し。今後は高いシェアを持つBDレコーダーなどに注力する。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報