/

VHS録再機の国内向け生産終了 パナソニック

35年の歴史に幕

パナソニックは10日、VHS方式の家庭用ビデオレコーダー(録画再生機)の国内向け生産を昨年末で終了したことを明らかにした。ソフトを持っている人に配慮して少量生産を続けてきたが、DVDブルーレイ・ディスク(BD)にほぼ切り替わったと判断した。かつての同社の稼ぎ頭が、発売から約35年で姿を消す。

VHS方式のビデオレコーダーは当時の松下電器産業子会社だった日本ビクター(現・JVCケンウッド)が開発し、1976年に発売。その翌年、親会社の松下も続いた。ソニーのベータ方式との規格争いを制して世界的なヒットとなり、長年にわたり松下の収益を支えた。最盛期の松下の販売台数は年100万台以上に達していた。

だが1990年代後半にDVDが登場。さらに放送のデジタル化やBDの普及などで、VHSの市場は急速に縮小。パナソニックは中国・大連などで生産を続けていた。昨年末、一部海外向け製品を除き生産を停止。在庫がなくなり次第、国内での販売は終了する見通し。今後は高いシェアを持つBDレコーダーなどに注力する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン