/

ヤマト運輸、国際宅急便料金を大幅値下げ

宅配便最大手のヤマト運輸は10日、日本発海外向けの荷物を取り扱う「国際宅急便」の価格を14日から大幅に引き下げると発表した。国内での物流コストなどを削減。「他社のサービスと比べ価格でも勝負できる水準」(CSR推進部)とした。

例えば日本からシンガポールに書類パック1キログラムを発送した場合、今は1600円かかるが新料金では950円で済む。北米向けは2200円を1200円に引き下げる。さらに直営店に持ち込めば100円割り引く。

荷物は大きさや重さで6つの分類に分けるほか、それより軽い書類パックも用意する。そして行き先別に「アジア」「オセアニア・北米・中米」「ヨーロッパ・中東」「アフリカ・南米・その他」の4区分に仕分けて料金を決める方式だ。

海外の会社などと協力し世界200カ国・地域以上に荷物を運ぶ。国際間で荷物を送るビジネス需要などを囲い込む。

さらに今秋以降は中国・上海とシンガポール、台湾の3国・地域間で日本を介さない宅配便サービスも開始。宅配網を充実し、国際間で活発になるモノの流れを支援する。

同社は1月に需要拡大が見込める中国・上海とシンガポールで宅配便事業を始めた。今後も東南アジアなどで宅配便事業を拡大する方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません