フェイスブック、グーグル抜き首位へ 米サイト訪問者数
2010年のシェア、調査会社調べ

2011/1/10 18:33
共有
保存
印刷
その他

 【シリコンバレー=岡田信行】2010年の米国のインターネットサイト訪問者数シェアで、SNS(交流サイト)最大手の米フェイスブックが検索最大手の米グーグルを抜き、首位に立ったとみられることが米調査会社の調べで分かった。フェイスブックは昨年3月に週次で初めて首位となったが、通年での首位は初めて。めまぐるしく攻守が入れ替わるIT(情報技術)業界を象徴する出来事といえそうだ。

 ネット調査の米エクスペリアン・ヒットワイズがまとめた10年1~11月の米国サイト訪問者数シェアはフェイスブックが8.93%(前年同期比4.67ポイント増)で、グーグルの7.19%(同0.49ポイント増)をおさえてトップとなった。3位はヤフーメールで3.52%(同0.92ポイント減)。ヒットワイズは通年でもフェイスブックがグーグルを抜いたもようだとしている。

米国のサイト訪問者数シェアのランキング
2008年2009年2010年
グーグルグーグルフェイスブック
ヤフーメールヤフーメールグーグル
マイスペースフェイスブックヤフーメール
ヤフーヤフーヤフー
ホットメールマイスペースユーチューブ

(注)米エクスペリアン・ヒットワイズまとめ

 グーグルはネット検索を武器に急成長し、08年にSNS大手のマイスペースから首位の座を奪ったが、3連覇はならなかった。利用者が全世界で5億人を超えたフェイスブックは米国で情報インフラとしての存在感を増しており、グーグルの快進撃を止めた格好だ。

 ただ、グーグル傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」などを合算するとグーグルのシェアはフェイスブックを上回る9.85%。ヤフーもメールサイトなどを合算すると8.12%となり、既存の大手も強さを維持している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 16日 7:01
16日 7:00
東北 16日 7:01
16日 7:00
関東 16日 7:01
16日 7:01
東京 16日 7:01
16日 7:00
信越 16日 7:01
16日 7:01
東海 19日 21:45
19日 21:30
北陸 19日 21:54
16日 6:32
関西 19日 12:48
16日 6:01
中国 19日 10:53
16日 7:01
四国 19日 12:58更新
16日 7:01
九州
沖縄
19日 22:47
19日 22:42

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報