2019年2月20日(水)

ダイムラーが自動運転車披露 公道100キロ超を走破

2013/9/10付
保存
共有
印刷
その他

フランクフルト国際モーターショーに先立ち、自動運転車を披露したダイムラーのツェッチェ社長(9日)

フランクフルト国際モーターショーに先立ち、自動運転車を披露したダイムラーのツェッチェ社長(9日)

【フランクフルト=田中暁人】独ダイムラーは9日記者会見し、ドライバーの運転操作が不要な自動運転車を披露した。ドイツ国内の一般公道100キロメートル以上を自動運転で走破したことを明らかにし、2020年までに市場投入できるとの見方を示した。自動運転車は日産自動車も20年までに販売すると表明しており、開発競争が激しくなりそうだ。

10日に開幕のフランクフルト国際モーターショーに先立ち、ディーター・ツェッチェ社長らが発表した。ダイムラーの自動運転車は高級車「メルセデス・ベンツ S500」をベースに開発。「市販車種に使われている製品に近い」(ダイムラー)センサーを活用して道路標識や歩行者、自転車を認識しながら安全に走行できたという。

記者会見ではツェッチェ社長が運転手不在で走る自動運転車の後部座席に乗って登場。様々な交通状況を分析しながら一般公道を走破したことで「高速道路やテストコース以外で自動運転が可能なことを証明した」とし、同技術は「交通事故を撲滅する重要な一歩になる」と話した。

同分野では日産が8月末、電気自動車(EV)「リーフ」を改良した自動運転車を公開し、20年までに発売することを表明している。自動車大手以外でも米グーグルが開発を進めており、ダイムラーの参入で開発競争は激しさを増しそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報