/

この記事は会員限定です

シャープ堺工場、鴻海が筆頭株主 凸版などに株売却

[有料会員限定]

シャープは6月末をめどに、液晶パネルの主力工場である堺工場(堺市)を運営する子会社株式の一部を、大日本印刷凸版印刷に売却する方針を固めた。出資比率を40%弱まで下げ、連結子会社から外す。シャープと資本提携した台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業グループが、日本の最先端技術を結集した堺工場の筆頭株主となり、経営の主導権を握ることになる。

売却対象となるのは堺工場を運営するシャープディスプレイプロダクト。現在はシャープが93%、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン