/

4月の携帯純増数 ソフトバンクが4カ月連続首位

電気通信事業者協会が9日にまとめた4月末の携帯電話・PHS契約数によると、新規契約から解約数を引いた純増数はソフトバンクモバイルが27万2700件で最も多く、4カ月連続で首位だった。

2位はKDDI(au)で24万400件。米アップルのiPhone(アイフォーン)などスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の販売増がけん引した。3位のNTTドコモは12万8300件だった。

通信会社を乗り換えられるMNP(番号持ち運び制度)はKDDIが6万4900件、ソフトバンクモバイルが3万9900件の転入超過だった。一方、NTTドコモは10万3700件の転出超過だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン