バイオVBのテラ、再生医療でがん治療 14年度に治験

2013/12/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バイオベンチャーのテラはがん分野の再生医療製品の実用化に乗り出す。2014年度に樹状細胞ワクチンと呼ばれるがんワクチンの臨床試験(治験)を開始、厚生労働省の承認が得られれば量産する。再生医療の普及を後押しする関連法が成立。医療機関に限られていたワクチンの生産を企業が手掛けられることになったため、本格的な事業化を目指す。

14年1月に数千万円を出資して事業子会社を設立、14年度に治験を始める。ワク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]