/

マクドナルド、既存店売上高6カ月連続減 9月は3.6%減

日本マクドナルドホールディングス(HD)が9日発表した9月の既存店売上高は前年同月比3.6%減と、6カ月連続で前年割れとなった。100円や120円と低価格のハンバーガー類やドリンク類が売れた一方、高単価のバーガーが伸び悩んだ。

客単価は同4.9%減少した。9月まで販売していた単品で300円台のバーガー「世界のマック」シリーズの販売が不調だった。客数は同1.3%増と5カ月連続でプラス。土日祝日が前年に比べて1日多かったことも寄与した。全店売上高は同1.1%減った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン