/

林原、債務弁済率9割超に 更生計画原案

会社更生手続き中のバイオ企業、林原(岡山市)の債務弁済率が9割を超す見通しであることが9日分かった。負債総額は1400億円強に達するが、主力事業を引き継ぐ長瀬産業の支援額700億円に加え、保有する不動産や有価証券の売却にめどが立った。一般的に1割程度とされる更生会社の弁済率としては異例の高さとなる。

林原の管財人が債権者である28金融機関にこのほど更生計画案の原案を提示した。債権額が20億円以下の金融機関には全額弁済する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン