/

ソニー、ソネットを完全子会社に 600億円でTOB

ソニーは9日、インターネット子会社のソネットエンタテインメントを100%子会社にすると発表した。約611億円を投じ、TOB(株式公開買い付け)によるソネット株全株の取得を目指す。完全子会社にすることでネットワーク事業での相乗効果を引き出すほか、ソネットの医療情報サイト運営子会社などとの連携も深める。

ソニーは間接持ち分も含めると、ソネットに58.18%を出資している。TOBの期間は10日から9月20日まで。1株あたり56万7500円でソネット株を買い取る。TOB成立後、東証1部上場のソネットは上場廃止になる予定。

ソネットは家庭用の光ファイバー通信サービス(FTTH)のプロバイダー事業で国内シェア4位のほか、オンラインゲームやネット広告なども手掛ける。ソニーはソネットが持つネット関連の開発者や事業ノウハウ、データセンターなどのインフラをグループ間で活用しやすくして日本やアジアでのサービス強化を進める。

ソネットはネットを使った製薬会社向け営業支援サービスを手掛けるエムスリーに55.9%を出資する大株主でもある。ソニーはエムスリーとの協業関係も深めて、成長領域に据える医療事業の強化につなげる。

ソニーは主力のエレクトロニクス事業の不振のため、2012年3月期まで4期連続で最終赤字を計上した。英携帯端末子会社を100%子会社にする一方、化学事業を売却するなど、業績回復に向けたグループ再編を進めている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません