都心オフィス空室率、過去最悪の9.17%に上昇 8月末

2010/9/9付
保存
共有
印刷
その他

東京都心のオフィスビル空室率が再び上昇した。オフィス仲介大手の三鬼商事(東京・中央)が9日まとめた8月末の都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)の平均空室率は9.17%と前月比0.07ポイント高い。2カ月ぶりに上昇し、過去最高の水準を更新した。

賃貸契約の解約が広がったほか、空室を抱えて完成した新築ビルの募集面積が増加した。8月は営業日数が少なく、契約交渉が進まなかった面もある。同社は景気の不透明感や急速な円高により、「成約に至る直前の段階の企業が多く、空室率改善は一進一退の状況が続く」と指摘する。

3.3平方メートルあたりの平均募集賃料(共益費を含まず)は前月比49円(0.27%)下がり、1万7832円となった。テナント誘致競争の激化を背景に、オーナーが賃料を下げている。ただ「空室率の上昇が止まれば、1年かからずに賃料は上昇するのでは」(同社)との声もある。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]