2019年4月23日(火)

東電・北電から110万キロワットを融通 東北電、今冬最大

2011/12/9付
保存
共有
印刷
その他

東北電力は9日、東京電力と北海道電力から最大で計110万キロワットの電力融通を受けた。東北電が今冬に受電した規模としては最大。管内の気温低下で電力使用が増えたことに加え、能代火力発電所1号機(秋田県能代市、定格出力60万キロワット)が同日に自動停止したため電力需給が逼迫した。

東電から最大70万キロワット、北電から同40万キロワットを受電した。東北電は9日の気温低下を踏まえて昼の段階で東電から30万キロワットの融通を決めた。その後、午後2時頃に能代火力1号機がバーナーに石炭を供給する装置のトラブルで自動停止。供給力が低下したため、東電から追加で40万キロワットを受電することになった。

東北電は北電から12月中に30万キロワットの融通を受ける契約を結んでいるが、能代火力1号機の停止に伴い9日は10万キロワットを上積みした。能代火力1号機は検査の結果、設備に不具合はなかった。東北電は「再起動の準備が整い次第、発電を再開したい」としている。

東北電が11月以降に東電と北電から受けた融通で最大だったのは11月21日の計82万キロワットだった。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報