バイオマス発電の光と影 未利用木材、人気沸騰に危うさ

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2013/12/10 7:00
保存
共有
印刷
その他

再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度をきっかけに、全国で木質バイオマス発電所の建設ラッシュが起きている。特に高額で買い取られるのが、「未利用木材」と呼ばれる山間部に捨てられた間伐材を燃料に使った電力だ。長年、森林の環境破壊を引き起こす「厄介者」と目されていた未利用木材だったが、一転して複数の事業者が奪い合う「人気者」に変貌した。

■山火事の発生原因に

「これまでは山にうち捨てて肥料にするしか使…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]