食品容器用ブリキ鋼板、新日鉄とJFEが設備増強

2010/6/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新日本製鉄とJFEスチールはそれぞれ食品容器などに使うブリキ鋼板の設備を増強する。新日鉄は年内に日本での年間生産能力を1割ほど増やして130万トン規模とする。投資額は30億~40億円とみられる。JFEは広島県で建設中の新ラインについて稼働時期を来年1月から今秋に前倒しする検討に入った。生活水準の向上に伴いアジア諸国で飲料缶や缶詰の需要が拡大していることに対応する。

新日鉄は八幡製鉄所(北九州市)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]