スズキ、電動バイクを12年1月発売 大手3社出そろう

2011/12/9付
保存
共有
印刷
その他

スズキは9日、電動バイク市場に参入すると発表した。スクータータイプの「e-Let's(イーレッツ)」を2012年1月9日に発売する。国内では電動バイクの市場は立ち上がったばかりだが、世界展開を見据え、研究開発を今後進める。同じくスクーターを手掛けるヤマハ発動機とホンダは既に電動バイクを販売しており、大手3社が出そろった。

4時間の充電で30キロメートルの走行が可能なリチウムイオン電池を搭載する。バッテリーは車体から取り外せるため、屋内に持ち込んで充電できるのが特徴。駐車場にコンセントがない家庭でも利用しやすい点を売り込む。

価格は31万2900円で、ガソリン車の2倍程度。スペアバッテリーを備えた「同W」は39万6900円。

電動スクーターは価格の高さに加え、航続距離の短さが普及の妨げになっており、スズキは性能の向上などを急ぐ。一般消費者のほか、金融機関など法人需要を見込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]