/

世界のビール消費量、27年連続で過去最高 12年1.0%増

キリンビールが8日発表した2012年の世界主要国のビール消費量は、11年比1.0%増の約1億8737万キロリットルだった。27年連続で過去最高を更新した。全体の4分の1近くを占める中国は23年ぶりに前年を割り込んだものの、東南アジアや中南米では需要が安定して拡大しており、新興国が市場としての存在感を高めている。

国別では中国の消費量が4420万キロリットルと11年より1.2%減った。天候不順や景況感の悪化が響いたようだが、10年連続の首位を維持した。2位の米国は1.4%増の約2418万キロリットルで、3位のブラジルは1.5%増の1280万キロリットルだった。

アジアではインド(12.4%増)やタイ(13.2%増)の伸びが目立つ。南米ではベネズエラ(4.8%増)が拡大している。日本は1.0%減で順位は前年同様7位だった。

地域別ではアフリカも5.9%増と伸びた。消費量はまだ少ないものの、世界のビール大手はアジアや中南米に続く期待の市場として開拓に力を入れ始めている。調査はキリンがデータ収集できる171カ国・地域を対象に実施した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン