ものづくり進化論(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

広がる最先端コメ作り、GPSや直播き……農機各社が提案

(1/2ページ)
2013/8/13 7:00
共有
保存
印刷
その他

 「日本のコメは高い」という常識を覆そう――。農業機械メーカー各社が農家を口説いている。国民1人当たりのコメ消費量は50年前に比べてほぼ半減。国産米の相対取引価格は1キログラム当たり260円前後と、米国と比べ約4倍も高い。環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉に日本も参加し、高い関税率で海外のコメを制限するのも難しくなりそうだ。種もみを金属で覆って田んぼに直接まいたり、全地球測位システム(GPS)で農機を管理したり。農機各社の新しい米作りの提案に期待が集まっている。

 兵庫県猪名川町。猛暑のなか、青々とした稲が育っていた。農家の男性(58)に聞くと「細い道を挟んで2つのタイプに分かれる」という。栽培している品種は同じ。違いが分からず困っていると、笑って教えてくれた。「こっちは苗から育てた稲。あっちは『じかまき』だよ」

 日本の稲作農家の多くは、ビニールハウスなどで種もみを苗に育ててから水田に植えている。狭い水田でも安定的に収穫するために生み出された手法だが、苗を育てるためのコスト負担は重く、コメ価格の高止まりの原因になっている。

 農家の男性が口にした「じかまき」は種もみを直接まくことで、漢字では「直播き」と表記する。苗を育てる必要がなく、コストも少なくて済むが、日本の農家は敬遠してきた。土にきちんと埋まらないと、発芽しないリスクが高まり、カラスなどにも荒らされる――。その結果、収穫量が安定しないのだ。これを解決しようと呼びかけているのが、国内農機最大手のクボタだ。

 種もみを厚み1ミリメートル以下の金属膜で覆い、その重さで地中にしっかりと埋まる仕組み。独立行政法人である農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の山内稔氏が開発した手法で、金属膜は発芽を妨げない厚みに調整する。農家の男性はクボタの提案を受け入れ、新しい米作りに挑戦中だった。「じかまきは格段に作業が楽。収穫量も変わらないし、現在0.3ヘクタール(3000平方メートル)のじかまきの耕作面積を来年はもっと増やすつもり」と笑う。クボタは9月にも、全自動で種もみに金属膜をつくる機械を売り出す。

全地球測位システム(GPS)を搭載したヤンマーのコンバイン
画像の拡大

全地球測位システム(GPS)を搭載したヤンマーのコンバイン

 クボタと競合するヤンマーも負けてはいない。GPSを搭載したトラクターやコンバインを製造。農機の稼働状況などを掌握して、米作りのムダを洗い出している。

 農作業へのGPS活用は、測量機器を手掛けるトプコンやニコン・トリンブル(東京・大田)が先行している。専用の小型装置をつくり、3~30センチメートルの誤差で農機の走行ルートを確認。肥料の投入データなどと組み合わせ、農作業が効率的かどうかを判断している。現在、北海道を中心に3000台ほど導入されている。価格は1台当たり50万円と高額だ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

ものづくり進化論(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日本のバスは乗客が停留所から歩いて乗り込むのが一般的

バス停との隙間狭く ブリヂストンのバリアフリー技術 [有料会員限定]

 2020年に控える東京五輪・パラリンピックが、東京の足元の景色を少し変えるかもしれない。車体をバス停にピタリと寄せて乗り降りをしやすくするバリアフリーバスの実用化に向けて、ブリヂストンが道路、タイヤ…続き (10/16)

IHI機械システムの熱処理テクニカルセンターには熱処理関連装置が多数並ぶ(岐阜県各務原市)

外部の力と鋼材の熱処理技術強化 IHI機械システム [有料会員限定]

 IHI子会社のIHI機械システム(IMS)は鋼材の熱処理でオープンイノベーションを進めている。製造拠点の各務原事業所(岐阜県各務原市)に新設した熱処理テクニカルセンターを核に顧客企業や大学と連携して…続き (10/9)

UDトラックスはインドネシアで赤の車体をイメージカラーにしている

ボルボ資産活用、新興国向けトラック UDトラックス [有料会員限定]

 UDトラックスは新興国向け小型トラック「クーザー」をインドネシアで来年初頭にも発売する。従来は日本向けと同じ車両を海外に輸出することが多かったが、現地の需要に合わせ、一から開発。コストの安いインドで…続き (10/2)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月18日(水)

  • 「監視社会」として先進国の先を行く中国 ファーウェイ幹部が語ったパブリックセーフティーの現状
  • シャンタヌ ナラヤンCEOが語るAdobeの「いま」と「これから」
  • 10代女性のSNSは異次元、5Gアプリ委員会の調査で判明

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月19日付

2017年10月19日付

・オプト、VRやARの履歴データ収集 販促に活用
・Wi―Fiに深刻な欠陥 IoT機器各社、調査急ぐ
・車いすの安全、AIが守る 上智大が技術開発
・大阪ソーダ、UVインク用樹脂 量産 プラスチック包装材向け
・図式で変わる製品設計 モデルベース開発、複雑な構造も円滑に…続き

[PR]

関連媒体サイト