広がる最先端コメ作り、GPSや直播き……農機各社が提案

(1/2ページ)
2013/8/13 7:00
保存
共有
印刷
その他

「日本のコメは高い」という常識を覆そう――。農業機械メーカー各社が農家を口説いている。国民1人当たりのコメ消費量は50年前に比べてほぼ半減。国産米の相対取引価格は1キログラム当たり260円前後と、米国と比べ約4倍も高い。環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉に日本も参加し、高い関税率で海外のコメを制限するのも難しくなりそうだ。種もみを金属で覆って田んぼに直接まいたり、全地球測位システム(GPS)で農機を管理したり。農機各社の新しい米作りの提案に期待が集まっている。

兵庫県猪名川町。猛暑のなか、青々とした稲が育っていた。農家の男性(58)に聞くと「細い道を挟んで2つのタイプに分かれる」という。栽培している品種は同じ。違いが分からず困っていると、笑って教えてくれた。「こっちは苗から育てた稲。あっちは『じかまき』だよ」

日本の稲作農家の多くは、ビニールハウスなどで種もみを苗に育ててから水田に植えている。狭い水田でも安定的に収穫するために生み出された手法だが、苗を育てるためのコスト負担は重く、コメ価格の高止まりの原因になっている。

農家の男性が口にした「じかまき」は種もみを直接まくことで、漢字では「直播き」と表記する。苗を育てる必要がなく、コストも少なくて済むが、日本の農家は敬遠してきた。土にきちんと埋まらないと、発芽しないリスクが高まり、カラスなどにも荒らされる――。その結果、収穫量が安定しないのだ。これを解決しようと呼びかけているのが、国内農機最大手のクボタだ。

種もみを厚み1ミリメートル以下の金属膜で覆い、その重さで地中にしっかりと埋まる仕組み。独立行政法人である農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の山内稔氏が開発した手法で、金属膜は発芽を妨げない厚みに調整する。農家の男性はクボタの提案を受け入れ、新しい米作りに挑戦中だった。「じかまきは格段に作業が楽。収穫量も変わらないし、現在0.3ヘクタール(3000平方メートル)のじかまきの耕作面積を来年はもっと増やすつもり」と笑う。クボタは9月にも、全自動で種もみに金属膜をつくる機械を売り出す。

全地球測位システム(GPS)を搭載したヤンマーのコンバイン

全地球測位システム(GPS)を搭載したヤンマーのコンバイン

クボタと競合するヤンマーも負けてはいない。GPSを搭載したトラクターやコンバインを製造。農機の稼働状況などを掌握して、米作りのムダを洗い出している。

農作業へのGPS活用は、測量機器を手掛けるトプコンやニコン・トリンブル(東京・大田)が先行している。専用の小型装置をつくり、3~30センチメートルの誤差で農機の走行ルートを確認。肥料の投入データなどと組み合わせ、農作業が効率的かどうかを判断している。現在、北海道を中心に3000台ほど導入されている。価格は1台当たり50万円と高額だ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]