/

この記事は会員限定です

石油元売り5社、2油槽所を共同利用 安定供給へ総力戦

大震災企業はこう動いた

[有料会員限定]

東日本大震災では東北・関東にある6つの製油所で生産が止まり、石油製品の供給網も寸断された。東北唯一の製油所、JX日鉱日石エネルギーの仙台製油所(仙台市)は津波を受け、3月11日夜には火災も発生。被災地へいかに早く製品を届けるか、石油元売り大手の模索が始まる。品不足解消の流れをつくったのは、大手5社による油槽所の共同利用だった。

個別対応に限界

製油所で生産したガソリンなどの石油製品は、油槽所で一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1324文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません