/

スカイマーク、14年度に国際線進出 エアバス「A380」を購入

スカイマークは8日、欧州航空機大手エアバスと大型旅客機「A380」を購入するための基本合意書を締結、2014年度をめどに国際線事業に進出すると発表した。低価格を売り物にした国内線に加え、アジアなどで国際定期便を就航させて事業領域の拡大を狙う。

スカイマークは現在、米ボーイングの「737」型をリースで使用しており、自社での航空機購入は今回が初。エアバスと6機(2機は予備)の購入契約を来春にも結ぶ。スカイマークの10年4~9月期単独税引き利益は27億円で、機体購入に向けた資金調達が今後の課題となる。

国際定期便の就航は、国内航空会社では日本航空、全日本空輸に次いで3社目となる。スカイマークはこれまでソウルやグアムにチャーター便を運航した実績があるが、定期便はなかった。就航路線は未定。

A380は05年に初飛行した世界最大の旅客機。総2階建てで定員は約850人。設計が新しく、大量輸送することで効率運営できると判断した。4日には豪カンタス航空のA380が緊急着陸するトラブルがあったが、スカイマークは「導入は14年度以降であり、影響はない」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン