日新製鋼HD、ステンレス鋼管事業統合

2013/11/8付
保存
共有
印刷
その他

日新製鋼ホールディングス(HD)は8日、傘下の2社が持つ自動車の排ガス管など向けステンレス鋼管生産部門を、2014年4月に1社に統合すると発表した。需要が低迷する中、効率的な生産体制を組む狙い。

日新製鋼HDの子会社日新製鋼が持つ生産部門を、孫会社日金工鋼管に移す。2社が別々に運営していた尼崎工場(兵庫県尼崎市)と衣浦工場(愛知県碧南市)を一体で運営することで、生産効率を高める。

統合後は日金工鋼管の社名を「日新製鋼ステンレス鋼管」に変える。鋼管は自動車のほか住宅の風呂、トイレ周り、工場など向けに使う。

生産設備を移動しないため、統合に関わる費用は発生しないとしている。コスト削減効果は「計算中」(日新製鋼HD)としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]