2018年11月15日(木)

「涼宮ハルヒ」にアジアが行列 出版各社が攻勢
小説、5カ国・地域で同時発売

(1/2ページ)
2011/6/12 15:43
保存
共有
印刷
その他

出版社が中国などアジア各国でライトノベル(若者向け小説)や雑誌、漫画など主力商品の販売を加速している。角川グループホールディングスは5月末、ライトノベル「涼宮ハルヒ」シリーズの新作をアジア5カ国・地域で同時発売。講談社は4月、女性誌「グラマラス」の提携誌を台湾、香港へ展開した。いずれも国内でも好調な出版物だが、日本の若年層人口が縮小するなか、日本の出版社のコンテンツに関心の高いアジアでの普及を狙っている。

角川が中国本土で発売した、涼宮ハルヒの新刊の表紙

角川が中国本土で発売した、涼宮ハルヒの新刊の表紙

角川は先月25日、「涼宮ハルヒ」シリーズの新作「涼宮ハルヒの驚愕(きょうがく)」を日本、韓国、台湾、香港、中国の5カ国・地域で同時発売した。新刊書籍の同時発売は、同社として初の試みだ。

同シリーズの4年ぶりの新作とあって発売当日には深夜営業する書店も現れ、各国でファンが行列を作った。初版の国内での発行部数は前編後編2冊合計で102万部、海外を合わせると約130万部と、ライトノベルで史上最多だという。

作者の谷川流氏から角川に、新作が完成したという連絡が入ったのは昨秋。国内だけならすぐにでも発売できたが、角川は谷川氏の了承を得たうえで、あえて半年遅らせてでもアジアで一斉に発売すると決めた。

「涼宮ハルヒ」シリーズは、これまで世界で計1650万部(国内はうち800万部)を売り上げている大ヒット作。「過去の作品は15カ国で翻訳されており、新刊を待ち望むファンにいち早く平等に届けたかった」と角川書店の井上伸一郎社長は話す。

■海賊版を抑止

同シリーズはアジアでの認知度が高い作品であるだけに、角川は海賊版の広がりを懸念していた。これまでも日本で新刊が出ると、翻訳されたストーリーがネットで公開されるという海賊行為が後を絶たなかった。「発売日を国内と同時にすれば、海賊版対策にも効果があると思った」(井上氏)というのも狙いの一つだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

音楽、映画…日本のコンテンツ、世界へ


電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報