/

iPad、4万8960円から ソフトバンクが販売契約

ソフトバンクモバイルは米アップルと多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の国内販売で契約を結び、10日午前10時からソフトバンクモバイルショップと家電量販店で予約の受け付けを開始すると発表した。28日から販売する。

価格は無線LAN(構内情報通信網)のみで通信し、携帯電話回線を使わないモデルで4万8960円から、携帯回線の通信機能が付いたモデルが5万8320円から。割賦販売で購入した場合はいずれも初期費用ゼロ円で、24回払いの月額負担は2220円から。

携帯回線を使う場合は通信料金が別途必要。通信容量が無制限の「データ定額プラン」の月額負担は2910円となる。

インターネットの閲覧やメール、書籍やゲームなどを楽しめるアイパッドは米国で4月3日に発売し、販売台数が28日間で100万台を超えた。ソフトバンクが取り扱うアイパッドは端末を特定の携帯電話会社に限定する「SIMロック」がかかっており、NTTドコモの回線などでは利用できない。ドコモは同社のショップではアイパッドを販売しない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン