/

この記事は会員限定です

ドコモに2つの誤算 iPhone導入も契約純減最大

上位機種が品薄、競合が旧型拡販

[有料会員限定]

携帯電話市場でNTTドコモが予期せぬ苦戦を強いられている。9月の契約の純増減数は大手3社で唯一のマイナスで、減少幅は過去最大となった。顧客流出を防ぐ切り札として米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の新モデルを採用したものの、品不足とライバル会社の対抗策が思わぬ逆風となった。ドコモは反撃のきっかけをつかめないでいる。

ドコモの9月の契約純増減数は6万6800件のマイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン