/

日本電産、シンガポールにモーターの研究開発拠点

日本電産は7日、シンガポールにモーターの研究開発拠点を開設したと発表した。アジアを中心に優れた外国人技術者を確保するのが狙い。ハードディスク駆動装置(HDD)用精密小型モーターなどの基礎技術や先端技術を研究する。

シンガポール政府が支援するサイエンスパーク内のビルを賃借し、20人体制でスタートした。将来100人まで増やす。日本電産は2013年10月に川崎市に国内外の技術者を集めて新しい研究拠点を建設する計画で、シンガポールで先行して外国人技術者の採用を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン