/

この記事は会員限定です

東芝、英原発会社を買収へ 年内にも株式50%取得

[有料会員限定]

東芝は子会社の原子力発電設備大手、米ウエスチングハウス(WH)を通じて英国の原発事業会社を年内にも買収する方針を固めた。東日本大震災以降、東芝は新規受注がない状況が続いている。まず発電事業者を傘下に収めて設備を納入し、その後に経営権を売却して投資資金を回収する事業モデルを描く。

買収対象はニュージェン。同社は2020年代半ばまでに英国中部で合計出力360万キロワットの原発を稼働させる計画を持つ。経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン