2019年2月21日(木)

ローソンがタイで合弁 海外進出4カ国目

2012/11/7付
保存
共有
印刷
その他

ローソンはタイに進出する。現地小売り・日用品大手のサハパタナピブングループ(バンコク)などと11月に合弁会社を設立する。出資比率はサハグループが50%で、ローソンが49%。三菱商事も残りの1%を出資する。現地でコンビニエンスストアを展開する。ローソンの海外進出は中国、インドネシア、米国(ハワイ)に次いで4カ国目となる。

サハグループは食品や日用品などを扱う小規模な店舗を運営しており、一部を「ローソン」に切り替えるとみられる。タイではすでにセブンイレブンが6660店(6月末時点)、ファミリーマートも746店(8月末時点)を展開している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報