/

東電、不動産事業のグループ2社を統合へ

東京電力は7日、不動産事業を手がけるグループ2社を統合すると発表した。これまで別々に展開してきた不動産の開発・賃貸業務と建物管理業務を一本化する。事業所の統合による賃料削減や管理部門の共通化などで年間約5億円のコストを削減する。

完全子会社の東電不動産(東京・中央)が孫会社の東電ファシリティーズ(同)を2014年1月1日付で吸収する。従業員は2社を合計した約350人を維持する。売上高は15年3月期に181億円を見込む。

東電は総合特別事業計画(再建計画)でグループ11社を5社に再編する方針を示しており、現在残る配電関連2社の統合協議を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン