/

ドコモ、9月契約6万6800件の純減 減少幅最大

携帯電話各社は7日、9月の契約動向をまとめた。NTTドコモは新規獲得から解約を差し引いた純増減数が3カ月ぶりにマイナスに転じ、月末の契約数が前月末から6万6800件減った。減少幅は過去最大。新たに取り扱いを始めた米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の新型機は在庫不足のため効果が限定的となったもようで、顧客流出が続いた。

ドコモのiPhone導入で3社が横並びとなったのを受け、各社の契約動向に注目が集まっていた。ただ上位機種「iPhone5s」の在庫不足が続き、新型iPhoneの販売が各社の契約に直接影響するのは10月以降になるとみられる。

純増数が最も多かったのはソフトバンクモバイルで27万700件。21カ月連続で首位となった。KDDI(au)は23万2700件の純増だった。ソフトバンクとKDDIの純増数は8月までの傾向と大きく変わっていないのに対し、ドコモだけがマイナスに転じており、同社の苦戦ぶりが目立つ。

新型iPhoneの在庫不足が続くなか、KDDIとソフトバンクはキャッシュバックなどの販売促進策を講じて旧型の「iPhone5」の在庫処分を積極的に進めている。割安なスマホを求める人がドコモから両社に移ったことが、ドコモ苦戦の一因との見方がある。

MNP(番号持ち運び制)による転出入は、KDDIが11万800件の転入超と24カ月連続で首位だった。ソフトバンクは2万2700件の転入超、ドコモは13万3100件の転出超だった。

ドコモには2年契約を条件とする割引サービスの更新月が9月の利用者が多い。解約料がかからない月のため、他社に乗り換えたり、解約したりする利用者が多いこともドコモの契約動向に影響したとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン