/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、米で1.6兆円投資 高速通信網を整備

スプリント向け、2強に対抗

[有料会員限定]

ソフトバンクの孫正義社長は7日、日本経済新聞の取材に応じ、米連邦通信委員会(FCC)の承認を得て買収が決まった米携帯電話3位スプリント・ネクステルの設備投資額を今後2年間で160億ドル(約1.6兆円)とする方針を明らかにした。前年までの2倍強ペースで積み増し、全米でもトップクラスの高速通信サービスのインフラを整備。先行するベライゾン・ワイヤレス、AT&Tの米2強に対抗する。

設備投資額の大半を高速...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り680文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン