/

この記事は会員限定です

三菱重工、試し刷り半分の印刷機 納期短縮に貢献

[有料会員限定]

三菱重工業は印刷前の試し刷りを従来の200~400枚から100枚弱に減らしたオフセット印刷機を開発した。国内市場が縮小するなか、印刷会社は少量多品種や納期の短い仕事の受注が増えている。紙の浪費を防ぎ、準備作業も効率化できる新機種の投入で印刷会社の需要を取り込む。

印刷中に色の濃度を計測する装置などを使い、2~3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン