昭和シェル、川崎市でバイオマス発電 国内最大級

2013/8/7付
保存
共有
印刷
その他

昭和シェル石油は7日、川崎市に木質バイオマスを燃料とする火力発電所を建設すると発表した。2015年12月に稼働させる計画で、発電能力は4万9000キロワットと木質バイオマス発電所として国内最大級となる。投資額は160億円。昭和シェルは電力事業を成長の柱に位置付けている。バイオマス発電は政府の再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)の対象となっており、大型発電所の建設が今後も相次ぎそうだ。…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]