/

この記事は会員限定です

震災から2年、強いインフラどう築く 下水処理の「再生水」活用を

編集委員 久保田啓介

[有料会員限定]

東日本大震災からもうすぐ2年。震災は日本の電力供給のもろさだけでなく、上下水道など水インフラの脆弱さも浮き彫りにした。被災地では下水施設が大きな被害を受け、復旧までなお時間がかかる見通し。周辺の環境にも悪影響が懸念される。災害に強い水インフラをどう築き直すか。ひとつの手立てが下水を浄化した「再生水」の活用だ。

「大津波で県内61の下水施設のうち48カ所が浸水し、衛生や環境に悪影響が及ぶ恐れがある」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン