小僧寿し、回転ずし事業を売却

2013/8/6付
保存
共有
印刷
その他

持ち帰りずし大手の小僧寿しは6日、回転ずし事業を売却すると発表した。9月30日付で、食品輸入販売会社「三誠食品」(千葉県習志野市)に2億4000万円で譲渡する。主力の持ち帰りずし事業と回転ずし事業では仕入れ先の共通化が難しいなど、相乗効果が乏しいと判断した。

売却するのは「活鮮」などの店名で展開する回転ずし店で、関東で12店を出店している。回転ずし事業の2012年12月期の売上高は16億円で、営業損益は2600万円の赤字だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]