/

この記事は会員限定です

任天堂「3DS」300万台突破へ 採算改善が課題に

[有料会員限定]

任天堂の岩田聡社長は6日、2月に発売した携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の国内累計販売台数が近く300万台を突破するとの見通しを明らかにした。値下げと人気ソフトの相次ぐ投入により、前作機の「ニンテンドーDS」より2週間ほど早いペースの大台突破となる。

2012年3月期は大幅な最終赤字に転落する見通し。人気ソフトとゲーム機の相乗効果をいかに持続できるかが今後の収益回復のカギを握る。

岩田社長は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り711文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン