/

この記事は会員限定です

ツムラ、熊本で生薬の栽培面積拡大 漢方需要増に対応

[有料会員限定]

ツムラは来春から、熊本県で漢方製剤の原料となる薬草の栽培を始める。ツムラは国内の漢方製剤市場でシェアが8割超。漢方薬を処方する医師の増加で市場が拡大していることに対応して、熊本を国内で6カ所目の栽培拠点とする。原料調達の15%を占める国内の栽培拠点を増やし、安定調達体制を整える。

熊本県あさぎり町を中心としてまず、炎症を抑える漢方製剤などに使われるサイコを栽培する。数年前から試験栽培に数十戸の農...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り360文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません