/

この記事は会員限定です

電力債、強まる個人頼み 原発問題で機関投資家慎重

[有料会員限定]

北海道電力は近く、個人向け社債150億円の発行を決める。11月に四国電力や北陸電力が発行した社債も個人向けで、電力債の個人依存が強まってきた。原子力発電所の再稼働が不透明になり、主要な買い手の機関投資家が慎重姿勢を強めていることが背景にある。個人向け社債は発行規模が小さいため、電力会社の資金調達が制約を受ける可能性も出てきた。

北海道電力は月内にも個人向け社債を発行。期間は3年になる見通しだ。電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り688文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン