/

高砂香料工業、広島・三原に新工場 主力工場の火災受け

香料国内最大手の高砂香料工業は6日、広島県三原市に2015年前半をメドに食品向け香料の新工場を建設すると発表した。同社の国内生産能力の約3割に当たる年3千トンを作る。同社では4月、別の国内主力工場が全焼して大幅な減産を余儀なくされており、拠点の分散で供給体制を強める。

新工場は今年度後半にも着工。菓子やジュースなどに入れる香料を生産する。投資額は数十億円。4月に全焼した平塚工場(神奈川県平塚市)については、秋ごろの生産再開を目指して修復工事が進んでいる。同社の国内シェアは3割超。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません