新興国で人を育てる(今ニッポン流)

(1/2ページ)
2014/1/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本といえば、とかく「ものづくり」「ハイテク」といった言葉が取り上げられがちだ。しかし、そのものづくりを支えるのは"ひと"だ。「カイゼン」「勤勉」「整理整頓」――。教育基盤が脆弱な国に対し、日本企業が「ひとづくり」に乗り出し始めた。ニッポン流のひとづくりは経済だけでなく、現地との固い絆づくりにも貢献している。

インド南部バンガロール郊外にあるトヨタ自動車の現地工場。低価格車「エティオス」などをつ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]