2019年8月19日(月)

東芝と明電舎、中小型水力発電機で提携

2011/10/6付
保存
共有
印刷
その他

東芝と明電舎は6日、中小型の水力発電機器事業で提携すると発表した。東芝が明電舎に水車、明電舎が東芝に発電機を供給することが柱。一部の中小型水力設備で発電した電力は来年始まる再生可能エネルギーの全量買い取り制度の対象となり、発電機器市場は今後拡大する見通し。両社は機器を融通し合い、事業を強化する。

東芝は水力機器の国内最大手だが、ここ数年は海外の大型案件に力を入れてきた。明電舎からは機器を調達するほか設計も委託するなどで、中小型事業の強化に必要な経営資源を確保する。明電舎は発電機や制御システムを手掛ける中堅だが、水車を持っていない。今後は発電機や水車を一体で売り込む。

国内の水力発電市場では既存設備の改修需要が中心で、新設案件が乏しかった。来年施行の再生エネルギー特別措置法では、中小型水力で出力3万キロワット未満の機器で発電した電気は電力会社による買い取り対象になる。中小型水力機器市場は200億~300億円だが、東芝は3年後には倍増すると読む。

国内では日立製作所と三菱電機、三菱重工業の水力機器事業の統合新会社、日立三菱水力(東京・港)が今月発足するなど再編が進んでいる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。