/

この記事は会員限定です

開発手法「ジョブズ時代と変えず」 アップル幹部

音声入力機能「シリ」12年中に日本語対応

[有料会員限定]

米アップルでマーケティング部門を率いるフィル・シラー上級副社長は6日、共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏亡き後も同社独特の製品開発手法は変わらないとの見方を示した。高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)4S」については、音声自然言語で質問や命令に応じられる新機能「Siri(シリ)」の日本語対応を予定通り2012年中に始めるとも明言した。

アップルはジョブズ氏とデザイン、マーケティング、ソフト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り337文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン